2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

素振り練習の効果、方法

2007年3月11日 (日)

少年野球、素振り練習の回数について

〔少年野球、素振り練習の回数について〕

・今日は少年野球の素振り練習についての特集2です。

前回は少年野球の素振りの意味、素振り練習の効果について書きました。

今日は、『どれくらい素振りの回数をすればいいでしょう』とご質問がよくありますので、急きょ、書かせて頂こうとおもいます

少年野球チームの子供さんが、ご家庭での素振り練習をやりすぎて、関節炎、か腱鞘炎でしばらく腕が痛くて困っていたある子がいらっしゃいます。

彼は100回以上を全力で、毎日続けたようです。これはその子には多すぎですよね

(((-_-メ)

中川のうちの息子の場合で恐縮ですが、20~30程度でしょうか、多いときで50回程度、軽く振ったり、早く振ったり、左右振ったり、小学生の時期は、これくらいでいいなと思っています。

毎日ですからね、続く回数でいかないと!よく考えて、目的をもっていれば、ばっちりです\_(^^:;)

ある時、自分で調子が乗ってきて集中して50回もできたなら、すごいことです。ほめてあげなければ。

親は、見てあげられる時は、いいところをほめてあげる。

あまりにも間違っていれば、アドバイスです。

できることなら、『今日の素振りはどんなイメージでやるの?』『今日はどこに気をつけてやるの?』って聞いてあげれば、調子よくできると思いますよ。

親が無理矢理作ったフォームに固めることは、あまりいいとは言えません。少々、時間はかかるかもしれませんが、小学生といえども、考えさせる練習にして行くのが、将来的に見てBESTだと思います。

近くの家のお父さんが、おうちに大きな鏡をつけていらっしゃってびっくりしました。僕は小遣いが少ないので、部屋のカーテンを思い切って取り外してみました。これはよかったですよ。夜はガラス窓が鏡に変身します。

素振りで、スイング軌道が確認できます トップの位置もよくわかります

ピッチャー方向から見ての、スイングの角度も確認できます

窓に向かって、窓を身ながらスイングすると顔、視線が残ります。体が開かない。

ほっておいても、子供が自分で自分のイメージどおりのスイングにつくっていきます

素振りマシンの音で、インパクトの位置を確認してみてもいいと思います。

では、あせらず、考えさせながら、親も(本を読んだり)勉強しながら、親子の共同作業で行きましょう      

2007年3月 6日 (火)

少年野球、素振り練習は、こんな効果があります

〔少年野球素振り練習の効果〕

少年野球の素振り練習について、特集してみます。

お父さん、お母さん、少年野球で素振り練習は何回くらい練習すればいいでしょうか?

確かに少年野球の経験がない親御様なら当然、気になることですね

でも、回数が気になることはよく解りますが、今日はその前に、少年野球での素振り練習の大切な意味を考えてみましょう。

・野球の素振りはプロ選手も、高校球児もみんなやります。昔からある意味ある大切な野球の練習ですよね。では、何を考えて素振りするのでしょう?

イチロー選手も、松井選手も調子が出ない日は必ず素振り練習だそうです。少年野球の頃からそうです。

少年野球の指導や練習方法のために頭に入れておきましょう。

では野球の素振りの練習効果はいったい何か??

■1,良いイメージのスイング(目標とする野球選手や、プロ野球選手などの)頭に描いて、イメージトレーニングによって自分のスイングに生かせる。

■2,自分で自分のスイングを確認したり、軌道修正できる

■3,その時々の自分の目的(自分が身につけたい打撃フォームの大切なポイントを意識して素振りし、克服できる

■4,意識的にスイング→繰り返す→無意識にできるようになる

■5, スイングスピードUP

ざっとあげてみましたが、野球の素振りってすごい練習ですよね。

中にはレベルが違うプロ野球選手のイメージなんて持たないようにとお考えになる少年野球指導者の方の考えの方もいらっしゃいます。

でも、スポーツはまねること(イメージすること)が上達の基本でもあるのです。少年野球も同じです。センスのある選手は、まねることがすごく上手です。将来的にも、伸びるためには良いイメージを自分に取り入れていく力が要求されます。

それを訓練しておくことが、大切なことでもある訳なんです。

少年野球指導や練習方法の中に正しい素振り練習を取り入れていきましょう。

お母さん、今日は野球の素振り何回、やったの・・・って、無理に要求だけは、しないでおきましょうね。少年野球の素振り練習は『回数で勝負』ではないと言うことです。

次回も野球の素振りについて、考えてみたいと思います。皆様、是非コメントをおねがいします。一緒に考えていきましょう。    SPF 中川                          

2006年12月19日 (火)

集中して正しい素振り練習をしよう

正しい素振り練習とは、どんな練習でしょうか?

SPF中川です

正しい素振り練習は、本当はかなり難しいんだと思います

プロでも 素振り練習はど真剣にやるわけですから 

ヤンキース松井選手も言っています『素振りは難しいと』

だから、注意して練習してほしいことは やみくもに振らないでください

ただ振るだけでは何の意味もないのです

では どんな素振りをすればいいでしょうか

やはり ピッチャーが投げてきたボールを しっかりイメージ(実際にはないボールを想像する)して

ほんとに 打席についているつもりで振ることです

回数を多く振ったから良いということでは ないですよね  

少年野球では、とくにしっかりボールを見る

またはイメージすることが大切ではないでしょうか

素振りマシンを振って、ヘッドのスピードUPの感覚を覚えて、今度は自分のバットでそのイメージを思い出して振ることです 

きっとできます

集中してやってみてください

小学生ならできます

インパクトに意識を集中して、引きつけて 打つ!

きっとできます

きっとするどい打球が打てます そう信じて 素振り練習をしていきましょう

マシンが重い方は グリップを短く持ってください

それで、かなり感覚が軽くなります

素振り練習は、基礎をつける上で必要な練習です 素振りが集中してできれば 打席でも 集中できると思いませんか

その通りです

みんな家でやっている

がんばろう!