2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 秋の残り試合、冬の少年野球練習・・自由に伸び伸びと選択制 | トップページ | 甲子園勇退 横浜高校 渡辺監督ありがとうございました。 »

2015年1月31日 (土)

少年野球の親御様(お母様)からの嬉しいメールをご紹介します

最近、頂きました少年野球の親御様からのメールをご紹介します。

◆千葉、市川市Tさん(お母様)からのメール

『中川さん、たくさんのアドバイス本当にありがとうございました。素振りマシンが到着してから、まだ2週間ですが、本人の気持ち、自信が劇的に変わりました。到着してすぐは、素振りしてみると体の後ろ付近で重りがぶつかり、音がしました。

これは違うんだとすぐに素振りマシンでわかったわけです。

力んでいたんでしょうね。息子の素振りは、主人や、野球経験者の私(母親)の弟からもアドバイスをもらって、

すぐにきちんと前で重りがぶつかる(音がする)素振りに改善できました。

こうやって振るんだって小学生でもわかるってすごいと思います。

正しい振り方がわかって、チームの練習に行ったら、試合形式の練習やトスバッティングでぼっくりする当たりと飛び。

監督からは、・・お前、それで良い!なんでこの前それが出来なかったんだと・・言われたそうです。マシンのことは秘密です。何より精神的に救って頂きました。』





◆山形、Sさん、(お父さん)からのメール

『中川さん、貴重なご意見を本当にありがとうございました。素振りマシンと、発泡スチロールボールで、子供もすぐにテンションが上がり、がんがん使っています。

素振りマシンは、中川さんのアドバイス通り、少し前で重りがぶつかり、音がするように!気持ちよく振るようにしました。

難しい理屈は言わず、楽しく出来るようにです。

アドバイスの通り、空振りでもOKだよと言うと力まないのか、きれいに打てています。』

実際には、空振りが減りました。

センター方向へのライナー、膝元のコースも捉えられたりして、親子ともどもびっくりしています。最近あったスポ少のフリー打撃でも、センター返しと右中間のライナーを打てました。これからもずっと続けて練習していきます。発泡スチロールボールで、室内で練習することも続けます。雨、雪が降っても休まずに練習を続けるためです。今後とも宜しくお願い致します。』





◆SPF中川より・・・・

こんな嬉しいメールを頂くと、私も嬉しいですね。

ますます、やる気になってきます!

私がお二人の方にアドバイスさせて頂きましたのは、本当に簡単なことなんです。①少し前あたりで、重りがぶつかるように振ること、②気持ちよく振ることです。

あとは、素振りマシンが手助けしてくれます。

子供さんへは、難しいことば指導しすぎるのは、禁物だと思っています。色々と言われると迷って分からなくなりますからね。

私が、アドバイスさせて頂くのは、実践で役立つことです。最低限やっておけば、打てる(打率が上がることです。①素振りマシンを振って、スイングが良くなること。②発泡スチロールボールで正面からの球を打って、よく当たるようにすること。これくらいです。

日常、こんな簡単なことをやっている子供さんと、全くやっていないのとでは、答えは明白です。

30分もあれば毎日出来るんじゃないでしょうか。

欲張って、2時間もなんてやることは無いし、やり過ぎは駄目です。

日常、簡単に出来ることで、毎日続けられることを、やっていきましょう!

素振りマシンや、SPF製品のことは、お電話、メールなどで、どうぞ気兼ねなくご連絡くだささい。



新しい年になり、私も俄然やる気になっています。

今年も、子供達の喜びを聞くために、頑張りますよ。

私の息子も、現役野球選手なんで、共に熱くなりましょう!





« 秋の残り試合、冬の少年野球練習・・自由に伸び伸びと選択制 | トップページ | 甲子園勇退 横浜高校 渡辺監督ありがとうございました。 »

少年野球 親の声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100888/58766711

この記事へのトラックバック一覧です: 少年野球の親御様(お母様)からの嬉しいメールをご紹介します:

« 秋の残り試合、冬の少年野球練習・・自由に伸び伸びと選択制 | トップページ | 甲子園勇退 横浜高校 渡辺監督ありがとうございました。 »