2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 少年野球練習用SPF素振りマシン『お客様の声・練習方法2009年秋』 | トップページ | 中川昨日は泣いてばかりです・・・スポーツのドラマ »

2009年11月29日 (日)

お客様とのメールのやりとり・・・『構えは、自分で作る方が良いです』

2009年11月、齋藤様とのメールです。

■齋藤様の場合・・・チーム1番のヘッドヘッドスピード・パワフルさになった齋藤さんの息子さんです。

●2009年4月・・・・・小学生3年の春、リトルリーグに入団3ヶ月(野球初心者)の時に素振りマシンSP-A65cmを購入頂きました。

●素振りマシンを購入後、毎日、素振り練習。

●2009年10月・・・・。素振りマシンの練習に取り組んで約6ヶ月、ヘッドスピード・パワフルさ、小学生3年生のメンバーの中では、いちばんだと思えるようになった。

■2009年11月末、

齋藤さんよりメール・・・・・

『中川さん、ご意見をお聞かせ下さい。『構えは力感無く、最初から打つ気満々の方が気迫が伝わっていいと思うのですが、息子は良く言えば落合選手ように力感なく、構えます。他の子供は、力感あふれています。親ばかですが、写真を貼付しますので、宜しくお願いします。』

■2009年11月末

SPF中川より返信メール・・・・・

齋藤さん、おはようございます。SPF中川です。息子さんの写真を拝見しました。私には、『なかなか難しい力んでいない楽な待ち姿勢』 『力んでいない』 『顔が力んでいない』 『見本になる良い感じの写真だ』 このように感じました。息子さんの楽な待ち姿勢は絶対になくさない方が良いですよ。きっと、息子さんが自分で作られた丁度良い間の取り方かもしれません。構えも見てみたいですね。

小中学生などで初心者は、打つ気満々の気迫がかえって力んで、邪魔をするケースがすごく多いと思いますよ。実際、いろんな少年野球チームを見ても力感を出しすぎて、力んで打てない子供が多いですね。

ご子息様に大きな鏡を作ってあげてはいかがでしょうか?
きっと、ご自分の理想と感じる構えを自分で作っていかれると思いますよ。本当に鏡は必需品ですよ。
将来的に考えても、自分で自分の構えを『観察→修正、試行錯誤→修正』
こんな、自主性、を育ててくれますね。
我が家でも鏡は、なくてはならないアイテムです。
◆前にもお伝えしたかもしれませんが・・・
バッティングフォームは、親が解っていても駄目なんで、自分で見てフォームを確認することを小さい頃から覚えるといいですよ。
・将来のために、
◎実際にご本人が、自分を見て判断すること・・・これがよいです。
◎鏡やビデオなどの利用が良いと思います。ご子息様がご自分のことを、ご自分で見極め、考えることができるからです。
◎『ほとんど親が作った構え』は、注意した方が良いです。そのうち崩れていきます。
◎たとえ遠回りされても、ご自分の良い感じで、打撃のコツをつかんで行かれると良いですね。
◎プロ選手など、自分の好きな選手の構えを、まねたりするようになればばっちりです。
◎鏡は、4000円で作れました。写真添付しますね。

« 少年野球練習用SPF素振りマシン『お客様の声・練習方法2009年秋』 | トップページ | 中川昨日は泣いてばかりです・・・スポーツのドラマ »

SPF少年野球用品 中川の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100888/32420830

この記事へのトラックバック一覧です: お客様とのメールのやりとり・・・『構えは、自分で作る方が良いです』:

« 少年野球練習用SPF素振りマシン『お客様の声・練習方法2009年秋』 | トップページ | 中川昨日は泣いてばかりです・・・スポーツのドラマ »