« 学童軟式野球を応援します、がんばれ学童野球! | トップページ | 打撃は難しく考えると限りない、少年野球練習は重要なポイントははずさないで、後は思いきり! »

2008年5月29日 (木)

『手打ちになって、飛びません』を鋭い打球に変える打撃練習方法

いざ打席に入ると『手打ちになってしまい、飛ばない』というケースは、よく聞きます。じゃあ、手打ちにならないような打撃に修正するといっても、的確な修正するための練習方法を一定期間、徹底して行うことが必要なわけです。

いくつかの打撃の修正方法はありますが、ここでは、一つの方法をお伝えしたいと思います。

最近、私が注目していることがあります。その練習方法は、極端に低いボールを打つ練習です。

手打ちになることを直すために、下半身主導のスイングができるように、するわけですが、これが、案外難しいんですよね。手と足がバラバラになったりします。

なぜ、低いボールを打つ練習をするのか、参考にこんな例を書いてみます。

プロデビューした、石川遼君の鋭いスイングは、見習いたいものです。でも、野球ではあそこまで鋭い腰の回転を使ったスイングはできません。でも、ゴルフように地面に置いた球を打つ鋭いスイングにヒントがあります。マリナーズのイチロー選手、少々ゴルフスイングに近くないですか。イチロー選手は低いボールを打つ感じで腰を回転させていませんか。また、ストライクゾーンを打つ場合、同じスイングを応用していませんか。

低い球を打つことで、何が違うか。自分で試してみれば、すぐにわかると思います。体幹と腕が一体化しますよね。肘が体感(腹)に近づきますからね。いわゆる、強いパワーを生むための、『てこの原理』が容易に使えると言うわけです。表現としては下半身主導と言うより、体幹と腕の動きが、インパクト付近で一体化した、腰の回転と腕の動作がうまく共同作業した、という感じです。

少年野球でもおへその方向とバットの方向を同じになるようにって言いますが、それと同じことです。

このように極端に低いボールを打つ打撃練習で、手打ちから、大きな腰の回転パワーを使ったスイングに修正することが可能です。低いボールを打つ打撃練習の場合、どんなボールを、どのように使うか、スタンスはどうすべきかなどは、適切なアドバイスも必要となります。試してみる価値は充分あると思います。

子供には口で説明するより、随分速くできる打撃練習方法の一つだと思います。

« 学童軟式野球を応援します、がんばれ学童野球! | トップページ | 打撃は難しく考えると限りない、少年野球練習は重要なポイントははずさないで、後は思いきり! »

少年野球の練習方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100888/21257509

この記事へのトラックバック一覧です: 『手打ちになって、飛びません』を鋭い打球に変える打撃練習方法:

« 学童軟式野球を応援します、がんばれ学童野球! | トップページ | 打撃は難しく考えると限りない、少年野球練習は重要なポイントははずさないで、後は思いきり! »