« ダルビッシュの絶好調は当然 | トップページ | 玉村昇悟来た〜、初登板、初勝利願う! »

2021年4月24日 (土)

2021ダルビッシュVSカアショーの投げ合い投球術

今日4月24日、ダルビッシュVSカアショーの投げ合い、こんな楽しみなゲームは無い。

この二人、同じチーム時所属していたわけだけど、

互いに刺激も受けたのか、わからないが投球フォームがとても似ている!

ステップのタイミングのとりかた、とても似ている。

僕には、二人ともに完成度がすごい高い優れたピッチャーに見えている。


どこが似ているか!?

 

それは、ステップでの間の取り方が上手い!

なんと表現したらよいだろうか?

ステップで膝を上げて制止するまでに、大きく振りかぶって、ワインドアップのようなタイミングでトップへもってくる。

膝を上げた後の併進も、すごく似ている、小さくして超高速だ。

フォームが違うが、タイミングの取り方。

 

セットポジションから投げるわけだが、タイミングはそうではない!

大きく振りかぶってのワインドアップのような投球タイミング。

うまい!

そのあと、小さなテイクバックと鋭いひっかくような投球へ持っていくところ、

よく似ている。


合理的である。

大きなギアから小さなギアへギアチェンジして勢いを増す。

シフトチェンジ投法と言わしてもらうとしようか。

 

 

おそらくダルビッシュは、

そうとうな分析、洞察、自分のピッチングについて知っているように見える。

自力で調子を上げる方法も、

自分の感覚の中で確立しているわけだろうが、うまい!!

じつにうまい!

2020年もとても充実して素晴らしいピッティングだと書きましたが、

2021、まだそれを超えて進化している。

下半身のためと、小さなテイクバックから投げる一連の流れ、

ためが昨年より良い。


僕の眼にはそのように映る。

 

今日はざっくりと感じたことだけですが、

これから先の2021注目して、掘り下げた内容で書いてみたい!

 

ダルビッシュは

もちろん応援しているし、このところのピッティングは目が離せない!

 

 

« ダルビッシュの絶好調は当然 | トップページ | 玉村昇悟来た〜、初登板、初勝利願う! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダルビッシュの絶好調は当然 | トップページ | 玉村昇悟来た〜、初登板、初勝利願う! »

フォト