« ”野球練習用具は使いよう”解説書で考える知るきっかけにしてほしい | トップページ

2018年12月23日 (日)

トレーニングバットの正しい使い方1巻き付きバット効果を長続きさせる

トレーニングバットの正しい使い方1巻き付きバット効果を長続きさせる

いつもお伝えしていることなんです。
そんなに難しくないことなはずなんですが、うっかり間違ってられないように書きたいと思います。

お客様や、うちの製品を導入されている監督さんとかには、
いつもお伝えはするようにしています。

再確認です、
練習用具って、飽きてきますよね!

あくまで、自分のバットの補助ですよね!


よくどれくらいの回数、頻度で使うのか質問を受ける時があるのですが、
毎日、いや程に使うことが良いとは思えないんですよね!


練習用具はつかいよう!!


うちの巻き付きバットにしてもしかり!
最初のうちは、毎日素振りするなり、ティーするなりのめり込んで覚えればいいです。

使ってみると、凄い!とか、自分のバッティングが変化したとか、上達したとか感じると思うのですが、


ま、2週間とか、続けてみて、効果を実感して体に、インサイドアウトとか、
インパクト位置での、ヘッドの走る感じとか覚えますね!!



でも、子供さんなら、
いやあ、大人でも、その後って飽きると思いませんか!?
無理やり続けさせるのは、ちょっと違うし、
効果をまた、数日後に体感、実感することになればいいんですね!


なので、
ある程度、身についたとか、役に立てば、
一週間、2週間、一か月とか開けてみるんです!
そして、また、巻き付きバットを試してみれば、
また、新しい感覚で、再度、実感できる訳なんだと思います。



または、
①素振りだけでなく、
②発泡スチロールボールを真っ直ぐに返し打つ、
③60cmにしてみて片手で打って後ろ手の押し込み練習、
④60cmに切ってみて、速いスイングで振る、打つ
と練習のバリエーションも持っておく!


そして、
毎日振らせるよりも、期間を空けてみて、再度効果を実感しながら、
飽きないように練習するってこと、忘れないで下さい!

« ”野球練習用具は使いよう”解説書で考える知るきっかけにしてほしい | トップページ

◆巻き付きトレーニングバット練習(インサイドアウト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ”野球練習用具は使いよう”解説書で考える知るきっかけにしてほしい | トップページ