« 少年野球バッティング上達練習方法③”構えは重要、肩にバットを担いだ肩掛けスイング” | トップページ | 少年野球バッティング上達練習方法⑤”インパクト位置、ミート位置をつかむ” »

2013年10月24日 (木)

少年野球バッティング上達練習方法④”素振りと実打を交互にやる”

少年野球バッティング上達練習方法④”素振りと実打を交互にやる”




 前々回、小学生の子供なら、野球で遊ぶことが楽しみになったら、自分で素振りをし始めるでしょうと書きました。





こどもが、本気で野球で遊びだしたら、うまく導入できたということでしょね。






子供も十人十色で、なかなか、そう意図通りにいかないのが、生身の人間ですかね。






少年野球の練習に素振りって必要ですか?なんて書いている方がありますが、絶対に必要です。
素振り練習なしで、どこでイメージトレーニングするのでしょうか?






野球の素振り練習は、イメージトレーニングとしての一つの役割があります。どんなスポーツでも、イメージトレーニングは重要な練習です。

 

練習で良いイメージを覚えて、実践で生かす!

 

バットを持って、よりイメージをわかせてのイメージトレーニングです。

 

さて、そこで、少年野球のバッティング上達の方法”素振り練習で上達する鍵”はこれです。






◎素振りしたら、→安全な球・セーフティーボールで打つ。

 

◎安全な球・セーフティーボールで打ったら、素振り!

 

これの繰り返しで、交互に”良いイメージをインプット”できる訳ですね。

 

◎子供は、まだ、自分のバッティングを客観的に見ることができません。成長するにつれて主観と、客観が一致してきますが、まだ経験が浅い。子供の主観で、”良い感じ”だと感じていても、まだまだと言うことがあります。

 

◎なでの、良かった時の、良い打球の時のイメージで、覚えます。






僕は、うちの息子(子供)のバッティング練習で、常に心がけていました。これは、難しい理論ではないのですが、できていないケースが多いです。
家で振って→家で打って→バッセンで打って→試合を迎えるようにすれば、結果は出ます。
結果がでれば、達成感になり、自信になり、次の目標が少し高くなっていきます。







野球経験がない親御様なら、素振りを教えるポイントを見れば良いか?といっても難しいですよね。きっと迷われるでしょう。





なので、細かな技術や、難しすぎることをいうことはありません。

 

子供自身に、イメージトレーニングと実打練習を交互にやることで、

 

うまく打てた時、良かったときの、良いイメージを、思い浮かべて、

 

良いイメージで素振りしますよ。








素振りと、実打を交互にやることで、良いときの残像が残るんです。

 

親がやかましく言わないでも、自然に、良い素振りをしだします。








親の役目は、少しだけ、

 

素振りと、実打練習がかけ離れたものにならないように、

 

『打ったら振る、振ったら打つ』と言うだけです。

 

『良い感じ覚えてる?』って聞くだけです。





子供は、いろんな可能性を持っていますから、やがて、球を前へ運べる良いときのスイングで素振りするように成長して行くものです。子供自身で、良いイメージで素振りし始めます。

 

子供のバッッティング練習の導入時期には、自主性、自発性を知らせる。







僕の息子(子供)の場合は、素振りと実打練習の比率はというと、半々でしょうか。

 

50%:50%ですかね。

 

子供さんによって色んな段階、時期がありますから、一律に当てはまらないとは思います。

 



はなしは、変わりますが、今日はドラフトですね。

 

大阪桐蔭の森選手、主将でキャッチャーとして、一昨年高校2年生の時、阪神で10勝上げた、藤浪の球を捕っていた選手です。高校通算50本以上のHR。西武へ行くんでしょうか。

 

森選手が、自ら言っていましたね、

 

『家での、素振りと、実打練習で、ここまで上達させてもらった』参考にさせてもらいましょう!







実は、マシンも、打てるようにしているのは、書いたとおりの理由があるからなんです。






親も大変だなと、思われないですか。

 

でも、子供の大好きな遊びですから、親主導ではないです。

 

親が、必死になり過ぎ、も良くないです。厳しく言い過ぎも、子供は困ると思います。血相を変えてしかったり、焦ったりしないように気をつけましょう。




子供の大好きな野球が、子供自身のものでなくなってしまいます。






どんな優秀な選手でも、通過点として、子供のバッティングがうまくいかない時は、何度もあるので、どっしり構えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◆↓↓記事がよかったら、バナーをクリック頂ければ嬉しいです。野球情報あります。

にほんブログ村 野球ブログ 野球情報へ
にほんブログ村

〈関連記事〉

SPF製品の長年のご利用者様、東京都の酒井さんとの電話

  • SEOブログパーツ

« 少年野球バッティング上達練習方法③”構えは重要、肩にバットを担いだ肩掛けスイング” | トップページ | 少年野球バッティング上達練習方法⑤”インパクト位置、ミート位置をつかむ” »

バッティング上達の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 少年野球バッティング上達練習方法③”構えは重要、肩にバットを担いだ肩掛けスイング” | トップページ | 少年野球バッティング上達練習方法⑤”インパクト位置、ミート位置をつかむ” »

フォト