« 少年野球素振りマシンはミート力がUP | トップページ | 少年野球でミート力をUPするのに、まず必要なこと »

2007年4月14日 (土)

少年野球用、素振りマシン 巻き付き棒の紹介 練習方法、メニュー

このページは、SPF製品素振りマシンの長さに合わせた独自の練習方法、メニューと巻き付き棒の紹介です。随時、更新しています。

類似品とおもり移動の長さおもりの重さが違いますので、ご注意ください。

★SPFすべての製品については、こちら⇒SPF公式ホームページでご確認、ご覧ください。

★最近の記事は、右サイドバー、モバイルは下↓から、または右上タグクリック、ご覧下さい。

★巻き付き棒も右サイドバー、または↓蘭下↓⇒⇒最近の記事、人気記事をクリックください。。

★amazonに置いています。

    
Amamchin1_2

○○巻き付き棒については、こちらの記事、カテゴリーへ

0001newsg5hon_2

 

 

 

⇒⇒⇒”驚きの多機能”=少年野球バッティング指導用素振り修正巻き付きバット、リニューアル販売開始しました!★下半身主導、★回転軸をしっかり、★レベルスイング、★インサイドアウトのスイング、★一瞬の間・・・練習方法は簡単です。A4の付けてます解説書を参考にお願いします。

メールでのお問い合わせは、こちらから。

 

NEW!!=ピッチャー投球練習用!!・・・巻き付きシャドウピッチング棒

Msp6022  Riujsyadou

 

■■■SPF少年野球練習用素振りマシンの練習方法について

 

少年野球バッティング練習方法、は簡単に使いこなせることです。

SPF素振りマシンは、”普通に素振り練習”するだけです。

自分で打つタイミング”コツ”をつかむことが何よりです。

①SP-Aは、適切な長さを移動しぶつかることで、ミートポイントをつかめて、”鋭いスイング”ができます。

②普通のバットとは違って、先(バットのTOP)が軽くなることで、きれいな軌道を得られてミート率があがあります。

③”ドアスイングの修正”、”インサイドアウト”のスイング修得可能。

④レベルに応じて、おもりのスタート位置を変えられる。

⑤移動おもりをTOPに固定、ヘッドパワーを利かせる素振り。

◆このブログを書いている中川より電話やメールで、アドバイスさせて頂いていますので

気兼ねなくメールでご連絡ください。

※連絡先は、製品と一緒に入れています。取扱説明書に記載しています。

◆ご使用者様の声、親の声、練習内容です。

 

■■■少年野球バッティング練習メニューA⇒鋭い打球とミート率を上げる

◆理想的な構え方

・大リーグのイチロー選手のように、グリップは、肩の付近に構え、TOPからまっすぐなスイング軌道で、シンプルにミート率が上がるようなバッティングにしましょう。

◆まず、正しいインパクト位置、ミート位置を覚える練習方法

①おもりが動く状態で(固定しないで)正しいインパクト位置(右打者の場合左足の位置のストライクゾーンあたり)で素振りマシンを止めてみます。(そこで、おもりがぶつかるようにしてミート位置を確認します。)◇10回程度でOKです。力んでいたり、ドアスイングですと、すぐに重りがぶつかりますから、修正する点のめやすになります。(マシンを使っていれば修正できる)

 次第にトップが安定、”ここぞ”と言う、ミート位置でヘッドスピードも速くなり、鋭いスイングになるはずです。ここまでで、ほとんどの場合は充分です。

◆素振りマシンで記憶したことを自分のバットで復習します。

 

■■■少年野球バッティング練習メニューB⇒インサイドアウトのスイング

◆バットヘッドを残しておいて、速い素振り(速いヘッドスピード)ができると理想です。バットヘッドを残し、インサイドアウトのスイングで、重りを、前足より先でぶつけることを練習しましょう。

さらにヘッドスピードが上がり、鋭いスイングになります。もちろん、振り始めは、グリップ、ヘッドは、充分に残しておくことです。

・ほんの少し、ベースより前(ピッチャー方向)でぶつけるように振るだけで、ドアスイングではなく、インサイドアウトの鋭いスイングができます。これだけで打球も変わります。すぐに結果が出ることもあります。

・マシンはおもりがぶつかった後、勢いが増しますので、フォローも大きくなります。

 

■■■少年野球バッティング練習メニューC⇒上級者向け発展練習

効果的に使う”コツ”方法

・外角球を打つ練習では、ベース前外角でおもりがぶつけ、右中間へ運ぶように練習します。(右打者の場合)センター方向、右中間への鋭い打球をねらいます。線で運ぶ感じです。

・慣れてきたら、
さらに効果を上げるためには→→→素振りマシンで柔らかいボールやSPF発泡スチロールボールなどを使って、ティー・トスバッティングが可能にしています。[特許権取得製品]

・おもりをTOP固定して素振りします。おもりを移動させるよりも200g重い感覚になり、スイングのパワーアップに役立ちます。パワーアップ練習に役立ちます。

★★TOP側スタート位置で、早めに重りをぶつけ、バットTOPの重さ、遠心力を感じたスムーズな振りの練習にも使えます。

これですごい結果を出す選手もいますが、でも、初心者はあくまで簡単にポイントをつかむだけで十分ですよ。

 

 

追記

●SPFでは、ご要望に応じて、代表中川が直接、”購入時個別のアドバイス”をさせて頂いてます。ご希望の際には、メールで気軽にご連絡お願いします。個々に応じてアドバイスさせていただいています。(”修正したい点” ”うまくできていない点” ”悩み” ”初心者の方” ”野球未経験親御様” ”指導者の方” ”上級者の方”)ご子息様の現状、特徴や修正したい点など自由にお伝えください。

素振りマシン、SPF製品について、ご不明な点は、どうぞ、気兼ねなくメールして下さい。

★SPF中川の自己紹介

 

 

◆↓↓記事がよかったら、バナーをクリック頂ければ嬉しいです。野球情報あります。

にほんブログ村 野球ブログ 野球情報へ
にほんブログ村

〈関連記事〉

SPF製品の長年のご利用者様、東京都の酒井さんとの電話











  • SEOブログパーツ

 

« 少年野球素振りマシンはミート力がUP | トップページ | 少年野球でミート力をUPするのに、まず必要なこと »

少年野球の練習方法」カテゴリの記事

◆巻き付きシャドウ棒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 少年野球素振りマシンはミート力がUP | トップページ | 少年野球でミート力をUPするのに、まず必要なこと »

フォト