« 少年野球、素振り練習は、こんな効果があります | トップページ | 少年野球SPF室内練習ボールでおもしろティーバッティング »

2007年3月11日 (日)

少年野球、素振り練習の回数について

〔少年野球、素振り練習の回数について〕

・今日は少年野球の素振り練習についての特集2です。

前回は少年野球の素振りの意味、素振り練習の効果について書きました。

今日は、『どれくらい素振りの回数をすればいいでしょう』とご質問がよくありますので、急きょ、書かせて頂こうとおもいます

少年野球チームの子供さんが、ご家庭での素振り練習をやりすぎて、関節炎、か腱鞘炎でしばらく腕が痛くて困っていたある子がいらっしゃいます。

彼は100回以上を全力で、毎日続けたようです。これはその子には多すぎですよね

(((-_-メ)

中川のうちの息子の場合で恐縮ですが、20~30程度でしょうか、多いときで50回程度、軽く振ったり、早く振ったり、左右振ったり、小学生の時期は、これくらいでいいなと思っています。

毎日ですからね、続く回数でいかないと!よく考えて、目的をもっていれば、ばっちりです\_(^^:;)

ある時、自分で調子が乗ってきて集中して50回もできたなら、すごいことです。ほめてあげなければ。

親は、見てあげられる時は、いいところをほめてあげる。

あまりにも間違っていれば、アドバイスです。

できることなら、『今日の素振りはどんなイメージでやるの?』『今日はどこに気をつけてやるの?』って聞いてあげれば、調子よくできると思いますよ。

親が無理矢理作ったフォームに固めることは、あまりいいとは言えません。少々、時間はかかるかもしれませんが、小学生といえども、考えさせる練習にして行くのが、将来的に見てBESTだと思います。

近くの家のお父さんが、おうちに大きな鏡をつけていらっしゃってびっくりしました。僕は小遣いが少ないので、部屋のカーテンを思い切って取り外してみました。これはよかったですよ。夜はガラス窓が鏡に変身します。

素振りで、スイング軌道が確認できます トップの位置もよくわかります

ピッチャー方向から見ての、スイングの角度も確認できます

窓に向かって、窓を身ながらスイングすると顔、視線が残ります。体が開かない。

ほっておいても、子供が自分で自分のイメージどおりのスイングにつくっていきます

素振りマシンの音で、インパクトの位置を確認してみてもいいと思います。

では、あせらず、考えさせながら、親も(本を読んだり)勉強しながら、親子の共同作業で行きましょう      

« 少年野球、素振り練習は、こんな効果があります | トップページ | 少年野球SPF室内練習ボールでおもしろティーバッティング »

素振り練習の効果、方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年野球、素振り練習の回数について:

« 少年野球、素振り練習は、こんな効果があります | トップページ | 少年野球SPF室内練習ボールでおもしろティーバッティング »

フォト